Oculus Rift DK2 を注文してから6週間経過。やっと届いて、ワクワクが止まらない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

201410_dk2

以前に、下記の記事を書きました。Oculus Rift DK2 を注文してから3週間経過したタイミングでの記事。今回は、6週間経過したタイミングで記事を書いています。そして、遂に、Oculus Rift DK2 が届きました。ワクワクが止まりません。

過去記事: Oculus Rift DK2 を注文してから3週間経過。音沙汰はほぼ無いけれど、ソワソワしてきた。

では、3週間経過してから届くまでにどのようなことがあったのかなどのことについて少々書いていこうと思います。

その後しばらくは音沙汰は無かった

これは当然と言えば当然のことです。以前の記事でも書きましたが、おそらく在庫が無い状態だったので発送出来るわけがありません。なので、OculusVR社側からは連絡はもちろん無いですし、ステータス確認しても結果はもちろん変わりません。

ただ、こういう連絡ってちょっと忘れかけてくらいに突然来るんですよね。まぁ気持ち的な問題だけですが。

そして、OculusVR社から連絡が来たのは丁度5週間が過ぎた頃でした。

OculusVR社からの連絡が来た後はすぐに届く

5週間が過ぎた頃に、OculusVR社からはこんな感じで連絡が来ました。

「発送の準備が出来ました。2〜4営業日の間に発送する予定です。併せて、Oculus Rift DK2の請求を行います。ありがとうございました。」

たぶん大体は合っていると思います。実際に、このメールが届いてから1週間以内に自宅に届きましたし、クレジットカードの請求もメールが来たタイミングで反映されていました。

ちなみに、Oculus Rift DK2 は、国際宅配便・海外発送の FedEx(フェデックス)のサービスを利用していて、香港から届きました。そういえば、配送業者の方に「これ、香港から来てますけれど、心当たりありますか?」と聞かれました。配達業者も少しだけ心配になるんでしょうね。住所など全て英語対応にしてますし、たまに住所の確認が出来なくて届かないと嘆いている Tweet も見たことあるので。

ひとまず開封の儀をしてみた

ひとまずと言っているのは、まだ Oculus Rift DK2 を動かすためのパソコンが無いのです。なので、ひとまず開封の儀をしてみるだけして、今は元に戻しちゃっています。パソコンを購入したら、改めて開封しようかと。

それで、Oculus Rift DK2 は結構しっかりした段ボール箱に入ってきます。このままでも持ち運び出来そうな感じです。

201410_dk2

中を開くと、こんな風になっています。ちょっと分かりづらいですが、上段には本体が入っており、下段には、レンズ(左側)やトラッキング用のカメラ?(右側)、あとはケーブルなどのアクセサリ(レンズの下)が奇麗に収められていました。

201410_dk2_2

本体の下に取り扱い説明書も同封されていたので、商品の抜け漏れが無いかだけは確認して、そっと箱を閉じました。

いやいや、これだと全然開封の儀になってないよ!っていう突っ込みを受けそうですが、勘弁してください。パソコンが無い以上、これ以上イジリようがあまりないのです。そうです、基本的に眺めるだけしか出来ません。受け入れ準備は先にしておくべきだったと反省です。

それこそ、そろそろ発送するよ。と、OculusVR社から連絡をもらったタイミングで準備すれば丁度良かったんじゃないかと思います。

あと、DK1 の時は携帯用のケースが付いてたみたいですが、DK2 はこのように段ボールだけです。そのままでは使えないということはありませんが、持ち運びするのであれば、こちらも何か用意しておいた方が良さそうですね。

最後になりますが、DK2 はだいぶ開発者に行き届いてきているので、段々と出荷待ちの期間が短くなってきているんじゃないかと考えられます。

ただ、それでも届くまでにはある程度、期間を要するはずなので、欲しい方は早めに注文しておくと良いかと思います。DK2 以外のモノは、それなりにすぐ手に入れられるはずですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後までありがとうございます。よければ以下の記事もどうぞ!

コメントを残す

*