レクサスや進撃の巨人にSAO、更にはオーロラも。Oculus Rift を活用するコンテンツが続々と登場。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

201410_lexus

少々タイトルに詰め込み過ぎた感が否めませんが、最近は徐々に Oculus Rift を活用したコンテンツが続々と登場してきています。Oculus Rift DK2 の登場によって、VRコンテンツの製作が徐々に熱を帯び始めている感じなのでしょう。嬉しい限りですね。

これからも続々と新しいコンテンツが登場してきそうですが、今回は直近で話題となっていたニュースを幾つかピックアップしてみました。(2014年10月20日時点)

このようなコンテンツがニュースになっていました。

タイトルでネタバレをしている点は置いときまして、以下のコンテンツがニュースとして取り上げられていました。

レクサス

トヨタの高級車である「レクサス」のデモが各地のモーターショーで披露されています。ゲームセンターによくあるレーシングゲームのハードに対して、映像を Oculus Rift に出力することによって、バーチャルな試乗体験を可能としたデモになります。

これは後々、ゲームセンターにあるレーシングゲームがこのようなタイプに置き換わったり、車の教習所などでも活用できそうですね。やはり Oculus Rift と乗り物系は相性がとても良いんじゃないでしょうか。

アニメコンテンツ(進撃の巨人、SAO)

Oculus Rift と相性が良いと言えば、アニメも該当してくるはずです。こちらも、イベントでの登場ですが、進撃の巨人やSAO(ソードアートオンライン)のコンテンツも出てきました。

201410_shingeki

2014年11月28日から、2015年1月25日までの開催が予定されている「進撃の巨人展」で、Oculus Rift を活用したコンテンツが登場するとのこと。内容は、360度の3Dシアターのイメージらしいが、もし巨人がすごい勢いで迫ってきたりしたら、相当ビックリするだろうな。あと一ヶ月程度で開催されるので、体験してみたい方はぜひ行ってみてください。

201410_sao

少し前にアメリカのファンの方がSAOの世界を再現したことで話題になりましたが、今回、電撃文庫のイベントでも体験スペースが用意されていたみたいです。イメージ画像は、「リンクスタート!」の場面です。

SAOに関しては、世界観がまさに再現されるんじゃないかというほどの相性の良さだと思います。そもそも、VRをテーマにしていますし。それこそ、アバターのコントロールを脳でイメージするだけでVRの世界を動けるようになったらと考えると、もう「すごい」の一言ですね。

SAOでは確か設定が2020年代の話だったはずなので、その頃には本当にそれが可能になってしまうのでしょうか。何だか夢物語じゃない感覚があるのが不思議ですね。

オーロラ

国立極地研究所では、全天に広がるオーロラの立体映像を Oculus Rift を使って見ることが出来るそうです。こちらはイベントではなく、常設展示となるのが嬉しいですね。

オーロラは生涯見ることがない人が多数だと思うので、こういった滅多に体験出来ないことをVRで体験出来るのは本当に素晴らしいと思います。「百聞は一見に如かず」という言葉をより身近に感じさせてくれるのではないでしょうか。

201410_northern-lights

他にもニュースになっていたのがあるかもしれませんが、その点はご了承してください。また機会があれば、こういったニュースをピックアップしてみますので。

参照元: レクサスRC FをVR試乗! Oculus Riftを使った公式試乗デモを、やや乱暴に運転する映像が公開中

参照元: 「進撃の巨人展」広告があまりのグロさに自主規制! 六本木駅で展開

参照元: OculusでSAOの世界を体験して感じるアニメとVRの相性の良さ

参照元: 全天に広がるオーロラをOculus Riftで体験 国立極地研究所 南極・北極科学館で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後までありがとうございます。よければ以下の記事もどうぞ!

コメントを残す

*