VRヘッドセットを使ったトレーニングの課題は「汗」なのかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

201501_bicycle

巷では続々と VR ヘッドセットが出て来ていますし、様々な方面でVRの活用がダイナミックに進んできているといえます。

前回も取り上げましたが、その活用方法の1つとして、VRを使ったトレーニングが挙げられます。VRを使えば退屈になりがちなトレーニングをより楽しく行えるような仕掛けを生めるので、結構マッチするサービスになるのかなと思います。

前回記事: あの「精神と時の部屋」での修行も可能になるか!?Oculus Rift を使ったトレーニング方法

VRヘッドセットとエアロバイクでトレーニング

前回の記事では、Oculus Rift を被ってヨガなどのトレーニングするといったサービスでしたが、今回はサイクリングです。

エアロバイクなので当然、自宅(屋内)にいながらのトレーニングになります。VR を使って好きなフィールドで颯爽と走り抜けていくのはもうリアルゲームみたいな感じになって面白そうだなと。

それに、どうやらその時々の状況に合わせたことを再現するように開発しているそうです。すごい!

ギアやブレーキはもちろん、走ってる環境に応じてペダルが重くなったり、傾斜の時はエアロバイクがちゃんと傾いてくれます。

動画を見る限りでは、Wi-Fi を使って通信もしているので走ったログも残せそうです。他にも、その通信機能があるからリアルタイム対戦とか出来そうな感じなんですよね。そうなったら、トレーニングにより熱が入ること間違いないですね。

もしかしなくても「汗」が辛いのかも

今回のような VR を使ったトレーニングでは、3D酔いだったり長時間付けていることの影響、VRヘッドセットの重みや固定位置のずれなどが気になってくるのかな、と。まぁこの辺りは最近は割と大丈夫だったりするので軽くスルーするとして。

次の焦点としては、やはり「汗」が辛くなってくるんじゃないでしょうか。

僕は、夏場のように何もしなくても汗がしたたり落ちるような場所で VR ヘッドセットを被ったことはありません。なので、正直どの程度辛いのかは分かりませんが、何となく想像はつきます。多分、結構辛いです。VR ヘッドセットの中が蒸れそうですし、汗拭けないですし。

先ほど、「トレーニングに熱が入ること間違いない」と書きましたが、これ、熱が入りすぎるとダメになるパターンな気がします…。やはり、激しいトレーニングになると、VR と相性が悪いのか。と、感じてしまいますね。

そうはいっても、適度なトレーニングにはもってこいなサービスだと思うので、商品化を楽しみに待ちたいですね。

ただ、このエアロバイクを家に置く余裕は無いので、どこかのジムなどに導入してほしいなと思ったりなんかして。

参照元: VRヘッドセットとエアロバイクで、家にいながらサイクリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後までありがとうございます。よければ以下の記事もどうぞ!

コメントを残す

*